2019年3月8日金曜日

【厚木YMCA】今年もいっぱい歌ったね!

厚木YMCA 健康教育部
学童クラブ「あゆの学校」
~ ボランティアさんによる歌唱指導のご報告 ~

 厚木学童クラブ「あゆの学校」では、2ヶ月に1度、地域の声楽家の方に来ていただき、歌唱指導をしていただいています。
5月に始めた頃はなかなか歌に集中出来なかったり、声を出せなかった子ども達ですが、発声練習から見ていただいたことにより、お腹から声が出せるようになってきた子もいます。2ヶ月に1回でも継続してきたことの力を感じています。


 今回は「切手のないおくりもの」を歌いました。5番まである長い曲ですが、聞き覚えのあるフレーズだったので、子ども達もすぐに覚えて大きな声で歌っていました。
これからも楽しい歌をたくさん歌っていきたいと思います。

(学童クラブ「あゆの学校」担当 前田 享子)



2019年3月1日金曜日

【3月のひなまつりメニュー】★ひしもち風プリン★を食べました。

YMCAあつぎ保育園ホサナ・3月のひな祭りメニューのご報告


3月のひなまつりのおやつ★ひしもち風プリン★を食べました。

バナナさんも!!
みどりは何の味でしょう?
「お茶の味がする~」
「ピンクはいちご!」
「いちごがいいよ~」
今日のプリンは豆乳+砂糖+寒天で作りました。

白→豆乳寒天
ピンク→いちご(ミキサーしたもの)寒天
みどり→抹茶(粉末)寒天

でした★

<栄養士 伊藤紗世>

2019年2月28日木曜日

【厚木YMCA】みんなの個性を認めよう!

厚木YMCA あつぎ保育園 ホサナ 専門福祉専門学校 日本語学科
学童クラブ「あゆの学校」 児童発達支援あつぎ

~ 2019 ピンクシャツDay ご報告 ~

 今年もピンクシャツDayの日がやってきました。

「学童クラブあゆの学校」や「あつぎ保育園ホサナ」では、様々な機会に子ども達といじめについて考えあい、人と違ってもそれを個性と捉え、違いを認め受け入れていこうという話をしてきました。小さな子ども達には少し難しい話ですが、学年が上がってくると、少しずつ自分たちで考え、行動出来るようになってきます。
特に「ホサナ」からも「あゆの学校」に上がってくる子ども達は、この活動が肌に馴染んでいるようで、とても自然に話に聞き入り、子ども達自身が「ピンクシャツデー」を語ってくれることもあります。

これからクラスレッスンに出発!
みんなでいっぱい話し合いました。

 2月27日(水)のピンクシャツデー当日は、『厚木YMCA・子ども館』として、保育園や学童だけではなく、障がいをもったお友達をサポートする発達支援あつぎや、同じ子ども館内にある日本語学校のお兄さん お姉さん達も一緒に、【いじめ反対!】の気持ちを表しました。

 年齢、性別、国など、それぞれの違いを認め合いながら、様々な人々とつながってほしいと願っています。

厚木YMCA子ども館のみんなで

 
(学童クラブ担当 前田 享子)

2019年2月27日水曜日

【ピンクシャツデー】あたたかい気持ちが、みんなに届きますように。

YMCAあつぎ保育園ホサナ・ピンクシャツデーのご報告


2月27日(水)は「ピンクシャツデー」。ホサナもピンク色に染まりました。
朝、登園してくると「ピンクの服着てきたよ!」と嬉しそうに見せてくれました。
外はまだ寒かったですが、ホサナの中はみんなが描いたピンクのTシャツ、着てくれてきたピンクの洋服、赤い服でなんだかあたたかかったです。
困っている人、悲しんあたたかい気持ちが、困っている人、悲しんでいる人たちに、届きますように・・・・。でいる人たちに寄りそったり、一緒にどうしたらいいか考えていける。そんな人にみんながなってくれたら嬉しく思います。
ご家庭の御理解とご協力も、どうもありがとうございました。
<オレンジ組担任 杉﨑賢輔>

2019年2月22日金曜日

【厚木YMCA】アウトドアキッズ~ご来光&いちご狩りに行こう!~


厚木YMCA2月アウトドアキッズ活動報告
 29日(土)~10日(日)16:0012:00OutDoorKids『ご来光&いちご狩りに行こう!』を行いました。年4回のアウトドアキッズ初のお泊りの企画となりました。今回参加者は、短い募集の中8名参加をしてくれました。

16時にYMCAに集合をし、あゆの学童のお部屋でお楽しみ会を行いました。初めはママと離れるのが不安なお友達もいましたが、お楽しみ会のゲームを通して初めて会うお友達と交流し中を深めました。そして、ご飯を食べ、YMCAのシャワーでお風呂タイム!!その後は自分で寝る準備をして、みんなシュラフ(寝袋)を使い就寝しました。
 翌朝は345分に起床し、準備をしていざ朝日を見に小田原へ出発!!

皆眠さを耐えながら電車に乗り目的地に向かいました。出発するときには真っ暗でしたが、小田原に到着し御幸の浜まで歩いていると、だんだんと空が明るくなってきました。それに気づき、「きれいだね。」「とっても気持ちいい」との声が聞こえました。
浜につくと天気は曇り、、、。
「見えるかな?」と心配をしているリーダーをよそにご来光そっちのけで浜辺では
無邪気に走ったり、貝を探したりと大はしゃぎ!(笑)
とっても楽しそうでした。普段、町の中に住み自然とかけ離れた場所に住んでいたりする子が多いので、自然の中で、波に濡れないように逃げたり、砂浜を走ったり、泥団子をつくったりとそれぞれ自分で考え無邪気に遊ぶ姿を見ることができよかったと思います。

そして、ついにご来光!!


朝日を見ながらあったかい豚汁とおにぎりと卵焼きを食べました。外で朝日を見ながらの豚汁は格別でした!!

その後、今度は電車に乗り渋沢駅で下車をしバスにのって、秦野にある村上いちご園に移動をしました。
村上いちご園では7種類のいちごがあり、30分間みんな無我夢中になりながらいちごを頬張っていました。いちごの種類の中にはいちごなのに桃のような柔らかいイチゴがあったりとリーダー達も夢中になりながら子どもたちと一緒にいちご狩りを楽しんでいました。

メンバーの中には「いちごあんまり好きじゃなかったけど、今回食べて大好きになった!!」、「また絶対に来たい!!」と言ってくれました。

その後は、またバスと電車を乗り継ぎ厚木YMCAに到着!!
すでにお父さん・お母さんが待っていてお迎えの時間になりました。

今回のご来光&いちご狩りは初めてのお泊りの子もいて、夜はどうなるかなと不安なところもありましたが、みんなが年齢を超えて仲よく、普段経験できない自然環境を体験できたのではないかと思います。


 春のキャンプ、また来年のアウトドアキッズも楽しみにしていてください!
興味があるお友だちはLet’s challenge!お待ちしております。

厚木YMCA 牧嶋 美幸(まきしリーダー)

【パイン組富士山キャンプ】富士山の麓の自然や生き物に囲まれています。

YMCAあつぎ保育園ホサナ・パイナップル組キャンプ現地からのご報告

昨日、富士山YMCAキャンプへ出発した5歳児(パイナップル)組のみんなが、現地の様子を伝えてきてくれています。
 青空に恵まれた子ども達。早速自作した凧揚げを、富士山YMCAの広い草原で上げています。とても気持ちの良さそうな青空が、みんなの上に広がっていますね。
 広大な敷地(東京ドーム9つ分あります)には、生い茂ったススキで作られた「迷路」もあり、子ども達も迷路の中を探検しています。
 全員元気で、2日目の朝を迎えたとのこと。卒園を間近に控えて、たくさんたのしいおもいでを作ってきて欲しいと思います。
 なんと「ヘビに触ったよ!」とのこと。
 女の子達も、平気でヘビに触れています。富士山の麓の自然や生き物にいっぱい触れていますね。
<園長 野澤ひらく>

2019年2月20日水曜日

【マナー教室】食事のしぐさもかっこよくなろう!

YMCAあつぎ保育園ホサナ・日々の保育の様子から「マナー教室」

ホサナの給食調理スタッフによる食事のマナー教室を開催しました。
クイズが出る前から、「ヒジはついちゃいけないんだよね!」とか、「いっぱい口に入れちゃあ、ダメなんだよ。」と、前回のマナー教室のお話を覚えている子がマナーで大切なことを言ってくれます。
マナー教室の後は、給食の時間です。お昼ご飯を食べながら、今し方聞いたマナーのお話を思い出しているので、普段の食事より静かな食事になっていたようです。
この日のメニューは4皿。お皿の数を見て、「今日は三角食べ出なく、四角食べになっちゃうね。」といった声も聞かれました。
もうすぐ迎える新年度、4月になったら一つずつクラスが上がります。マナーもかっこよく、素敵なお兄さんお姉さんになれると良いですね。
<オレンジ組担任 杉﨑賢輔>